早く妊娠したい人必見!あなたの妊娠の知識は間違っていませんか?自分でできる妊娠しやすい方法を子宝メグミが徹底調査!

一番妊娠しやすい日を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一番妊娠しやすい日を知ろう!
一番妊娠しやすい日とはいつ?どんなタイミング?
妊娠しやすい子作りタイミングを知ると妊娠しやすくなります。

まず女性の生理周期についてお話します。

生理周期はだいたい4つの時期に分かれます。
1.生理期
2.卵胞期
3.排卵期
4.高温期

1.生理期は、子宮内膜が剥がれ落ち、出血する時期です。
出血した日から約3~5日間くらいです。

2.卵胞期は、子宮内膜が増殖する時期で、体温は低温期です。
排卵日までの7~10日間くらい。この時期は心も体も安定しています。

3.排卵期は、卵巣内で成熟卵胞となった卵が卵胞壁を破って卵子が飛び出す時期。
排卵前日から3~5日間くらい。体温がぐんぐん上昇していきます。

4.高温期は、子宮内膜をやわらかくして受精卵の着床を待っている時期。
次の生理が来るまでの12~15日間くらい。体温は高温を保っています。卵子が着床しなければ体温は急激に下がります。

生理周期はこの1→4を繰り返しています。


ここで気にしてほしいのが”おりもの”です。

”おりもの”は、精子が膣の中を卵管までスムーズに進む手助けする役目を持っています。

生理が始まってから8~10日くらいから”おりもの”が徐々に増えてくるのですが、
排卵期になるとますます増えて、透明で伸びるような”おりもの”が出てきます。

排卵期は、卵子が成熟し卵胞壁を破って飛び出しているので、
”おりもの”によって進んできた精子と卵子がめでたくご対面!というわけです。

つまり子作りタイミングは排卵期。
この時期が一番妊娠しやすい日なんです。

つまり排卵前日から3~5日前くらいの間に、1日置きに性交渉すれば妊娠しやすいそうです。

 

では排卵日がいつなのか知る方法はないのでしょうか?

排卵日を知る方法はいくつかあります。

上記のように”おりもの”の量や質感で排卵日を知る方法があります。
おりものの量や質感で知る排卵日計算
他に、
基礎体温表から排卵日を計算する方法
排卵検査薬で排卵日を知る方法
福さん式で排卵日を特定する方法
などがあります。

自分に合った方法を探ってみてください。

関連記事

サイトマップ