早く妊娠したい人必見!あなたの妊娠の知識は間違っていませんか?自分でできる妊娠しやすい方法を子宝メグミが徹底調査!

酢卵(卵酢)は不妊症にも効く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊症に効く酢卵

酢卵とは、卵を酢に漬けて溶かした古来から伝わる健康食品です。

酢の中に卵の全成分を溶け込ませた栄養価の高い食品です。

高血圧や冷え性の改善によく飲まれるそうですが、
不妊症にも効果があるという口コミを多く聞きますよ。

その効果は・・

・基礎体温の低温期と高温期がはっきりしてくるようになった
・生理が正常に来るようになった

 

酢卵の作り方

1.卵の表面を水で洗う。

2.蓋ができるガラス瓶に卵を入れ、卵がすっぽり浸るくらいの食用酢を注ぐ。
卵から泡が出始めます。

3.冷蔵庫に入れ、3~4日置いておく。
どんどん泡が出て卵が次第に膨らんできます。

4.殻が酢に溶けて膜のような状態になっているので、膜になった殻だけをつかみ出して取り除きます。

5.中身をゆっくりとかき混ぜて酢と卵を溶かします。

6.粗めの網で裏ごしします。

 

飲み方は、さかずき1杯程度(約20ml)の酢卵を食後に水又は白湯で2~3倍に薄めて飲みます。

酢は玄米酢等の醸造酢のほか、すだち酢で作っても飲みやすいそうです。

冷蔵庫に入れておくと、10日間くらい日持ちします。

でも匂いも強烈ですし、そのまま飲むと非常に飲みにくいので、おいしい食べ方を紹介しますね。

 

酢卵のおいしい食べ方

料理の調味料として使うと自然に食べれます。

サラダにかけるドレッシングとして、あるいはカルパッチョや酢の物に使っても美味しいですよ。

私の場合、大根と豚肉の甘辛煮に酢卵を加えると美味しく食べれました。

基本、酢と同じように使ってもらえばおいしく食べれると思います。

漢方的にみても、酢卵は老化防止などにも効果があるらしいので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

関連記事

サイトマップ