早く妊娠したい人必見!あなたの妊娠の知識は間違っていませんか?自分でできる妊娠しやすい方法を子宝メグミが徹底調査!

ルイボスティーは妊活におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、食生活の変化で亜鉛の摂取量が減っています。
亜鉛の不足は女性生殖器の機能を低下させてしまいます。
それにより、不妊症や生理不順になる女性が増えているそうですよ。

また、亜鉛は精子の製造にも欠かせないミネラルです。
亜鉛が欠乏すると精子ができなくなり、精子の運動量も少なくなります

ルイボスティーには亜鉛が多く含まれています。
こういった理由で、ルイボスティーは不妊症対策に女性にも男性にも良いと言われているようです。

カフェインを含まず、タンニンの濃度もごく低いのが特徴です。
抗酸化作用があり、血糖調整作用もあるため、
妊娠中の女性も、赤ちゃんも、お年寄りも安心して飲み続けることができる健康茶だそうです。

ノンカフェインでミネラルも含まれているので、水分吸収のお茶として近頃人気です。

ただ、何でもそうですが、体にいいからと言って、飲みすぎるのも良くありません。
飲み過ぎて排卵日が遅れたという口コミを聞いた事があります。(実証はありません)

だから、お水やお茶がわりに飲む程度の量がいいと思いますよ。
一般的に言われていることは1日にコップ2~3杯以上を飲むと効果的だそうです。
1日に大量に飲むと言うよりも、毎日継続して飲み続けることが効果に繋がるようですよ。

それに、ルイボスティーは体を冷やすという口コミもたまに聞きます(実証はありません)ので、
なるべくホットで飲むようにオススメしています。

ただ、飲めば必ず妊娠するっという訳ではないですので、ご注意くださいね!

 

ルイボスティーは、ルイボスというマメ科の植物の葉を乾燥させて作った飲み物です。

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、
原産地のアフリカでは300年以上前から、
イギリスなどヨーロッパでも100年以上前から飲まれているそうですよ。

味は、紅茶に似た甘みがありますが、紅茶のような苦味や渋みはありません。

飲み方は、砂糖やミルクを入れてミルクティーにしたり、ハチミツを入れて飲んでも美味しいです。

お酒で割って、ルイボスティー割にしてもなかなかいけますよ^^

生姜を入れて飲むと、かなり温まります。

関連記事

サイトマップ